のんびりな日常
クサガメのヨンヨンですが他のカメ達は陸でエサを摂れるのに比べ水中でしかエサが食べれません。

なので毎日エサをプラケースで食べてます。
お腹が膨れると・・・



夜でも保温ライトでマッタリします。



一応、陸場は夜間もレフ球とセラミック製のエミートと言う保温ライトを点けてあります。



で、昼間はこんな感じで水場がメインの生活をおくっている模様。

休日でも頻繁にカメを見てる事は少ないのですが、癒されます。
| ガンダム爺 | クサガメの4年目 | 17:07 | - | - | -
クサガメの水換え
えー、今日は水換えの日にしました。



とりあえずカメ達をタライに移します。
このタライやバケツ、大きめのプラケースなどで食事をさせます。



カメ達が小さい頃はタライに全部入れてましたが・・・・



油断大敵で脱走する子がいるので分け方は適当ですが分けて一時保管です。



妻に手伝ってもらいつつ撮影。
全ての電源、ライトやヒーター、濾過器、エアポンプを切りレンガをどかし風呂水ポンプでベランダへ排水します。

濾過バクテリアなどは無視し今はハイポも入れません^_^;
水道水をホースで水場にしてるトロ舟(セメントこねるヤツ)へダッーと入れつつ風呂水ポンプで排水。



まぁキレイになったと思ったらOKです。

タライに移したカメ達を戻します。
この時期は水道水のママで温度は考えず遠慮なく入れる。
冬場は給湯器で水温を調整してますけどね。



余談?ですが、これがヨンヨンのエサです。
中身はレプトミンや肉食ナマズ系のエサ、ひかり胚芽と言うコイ用のエサ、ランチュウ用のエサ、その他色々を混ぜて与えてる。
粉末ビタミンや牡蠣殻のカルシウム、時々タートルアイクリアやレプチゾル系の水性ビタミンを食事用の容器の水に混ぜます。

最近は生餌をあまり与えてないな・・・
ウジャウジャ増えるミナミヌマエビくらいです。



イヤ、ごめんねヨンヨン^_^;
やはり水が少し冷たかったかも。



他のカメ(イシガメ)は水中でヒーターの近辺に集まってますがクサガメは無神経と言うか正直だわ。



一度、水場へ戻りましたが今はまたホットスポット(ライト浴)してますね。

んーと頑張ってくださいヨンヨン^_^;

今日は以上。。
| ガンダム爺 | クサガメの4年目 | 13:16 | - | - | -
黒化
久しぶりに書きます^_^;



クサガメのヨンヨンも四年目になりましたが、オス特有の黒化が進み凛々しく?なりました。



全身真っ黒で昔の面影はなくなって少し残念かも・・・・



大きさも同居のニホンイシガメやヤエヤマイシガメより小さくなっちゃった。

ゴムパッキンみたいな口や顔の模様、変な目も黒くなり別人みたいです。



どのカメもヒト慣れしましたが、やはりクサガメが一番ヒトに懐きます。

ボチボチ春になったらベランダで日光浴させてあげたいですね。
| ガンダム爺 | クサガメの4年目 | 12:08 | - | - | -
クサガメの良さ
えーと、水換え後にクサガメのヨンヨンを観察。



今のところ目くらいかな?黒化が進んでいるのは^_^



もう少しアップで撮影。

ああ、バックは私のジャージです(^◇^;)



とても良く懐いてるので暴れたり逃げたりしません。

これがニホンイシガメだとウンチをされたり、逃げようとします。



我が家のクサガメに限らず、とても愛嬌がありヒトに慣れるのがクサガメの良さでしょうね^ - ^

飼育の手間や飼いやすいのはミシシッピニオイガメだと思います。

私のホームページのタイトルも「ミシシッピニオイガメの飼い方」です(^。^)

はじめて飼育するならミシシッピニオイガメが良いのですが、カメの飼育を楽しめるのは身近なカメならクサガメだと思います。

あ、命に値段は付けられませんので安易に買うのはお勧めしませんけどネ。

以上。。



| ガンダム爺 | クサガメの4年目 | 17:33 | - | - | -