クサガメ・水カビ病の治療
JUGEMテーマ:水ガメ

今日は少しチビ・クサガメの皮膚病について真面目に観察してみた。←今まで何見てたんだ^^;



水中で観ると、この白い部位がけっこう広く見える。
で、私が出した結論。
軽い、水カビ病だな、これは・・多分。

あ〜大変だ(面倒だな)よ、これ。。
子ガメですから長期の乾燥治療は負担がかかるでしょうし^^;

まぁ、気長に行きます。
とりあえず、今朝もフラジオマイシン(フランセチン)を患部に塗布して外へ出し、日光浴も兼ねて1〜2時間は放置。

天気が悪くても、プラケースの下に半分くらいパネルヒーター(下に敷く)を入れて強制乾燥。

クスリの場合、効果はあるけど副作用も当然あるワケですから(腎機能障害等)速攻で治す・・と、言う治療方針にします。
子ガメだからモタモタせず、早めに完治させたい^^

水温は26度以上に設定、陸場は32度くらい。
水換えは・・苦笑
エサは別容器で与えてるし一応、活性炭濾過(外掛けフィルター)と投げ込みフィルターの併用で1週間に1回程度・・と思っていましたがサイクルを短くします。



あと、このチビ・クサガメ、泳ぎも多少は上手になりました。



画像はアクア・トトと言う世界最大?の淡水水族館にいるクサガメ。



メチャクチャ、器用に水中で泳ぎます。

我が家のは・・



底まで沈んでから水中探索(溺れかけて)を終えて浮上してきたところ。

基本、クサガメは泳ぐと言うよりも水中を歩く感じですね。



コイツはスイスイと泳ぎますが、見ると水カキが発達してるもん。



まぁ、イロイロと不自由をかけるが我慢して元気に育ってくれたまえ。
さて、出かけよう。。
| ガンダム爺 | カメの健康・病気 | 09:44 | - | - | -