クサガメの飼育容器・引越し


JUGEMテーマ:水ガメ

さて、想像以上のペースで成長してる我が家のチビ・クサガメ(よんよん)ですが現在の衣装ケースだと少し狭い感じに。
(水換えも面倒だ^^;)

そこで・・・



角型の大型タライを通販で注文。(送料入れても水槽に較べれば格安)

屋外には置かない予定なので強度を重視してポリプロピレン製のトンボ・ジャンボたらい
屋外に置く予定ならポリエチレン製のキングたらい(トンボより安かった)の方が耐久性は高いんですが、縦・横ともに数センチですがトンボの方が大きいのでトンボ製品に決定。



ム〜・・メチャクチャ、大きいです^^;
もう一回り大きければ風呂桶になるね、コレ^^(安いし、是非販売して欲しい)

これなら一生、飼育できるよな・・と早速、器具類の設置に・・・

・・・・ダメでした。

まず、紫外線ライト(クリップスタンドタイプ)が有効な照射距離に上手く設置できない。
水量を多くすれば良いのでしょうが、このタライに満水近く水を入れるのは水深的にチビ・クサガメには過酷ではないかと・・
新たにクリップスタンドを購入するのも面倒だ・・

次。

安売りで購入した上部フィルター。

ジェックス・デュアルクリーン600SP

タライの中央にレンガ等を置いて、その上に上部フィルターを設置。
上部フィルターの上を、そのまま陸地にする計画でした。



ですが、これもダメ^^;

このフィルター、ポンプが水中ポンプなんですね。
吸水パイプを最短にカットしてもモーター部のせいで予想以上の水深に・・汗
(揚水タイプと異なり、非常に静かですが)

もともと飼い主がアバウトなので計画・予定が上手く行ったためしは、あまり無い^^;

結局、挫折して上記画像のように違うカメを入れました。

で、チビ・クサガメは・・



120センチ水槽へ引越し。



水槽内に上部フィルターを設置したものの、フィルター=陸場は諦めました。
(予定では画像右の青いプラカゴは1段でフィルターが設置できる予定だった)



仕方なく陸場は別にレンガで組みました。
ライト類(バスキング・UV・夜間保温用)も、これなら問題なく設置可能。
ヒーターは150W・26度固定オートタイプのモノをヒーターカバーを付けて3本。

まぁ、クサガメが今の大きさななら濾過器(60センチ用・上部フィルター)も十分に働いてくれるハズ。
大きくなったら上部フィルターは本来の使い方通り水槽の上に置いて外部フィルターでも追加しておけば多少は水換えもサボレるかな?・・

しかし、久しぶりに上部フィルターを使ったのですが以前に比べると色々な工夫がされてますね。
これが1000円チョイ。
何か得した気分です。(結果的に水中ポンプは静かですし・・)



第2濾過槽には水作エイト(投げ込みフィルター)の濾材と、追加で活性炭を入れました。

で、当のクサガメは?と言うと・・



アレ・・なんで?・・笑



この隙間が気にいった様子。(思ったよりも泳ぎは上手で主に水底を徘徊し、息継ぎに隙間・・笑)



あ、現在は陸場に登りカピカピになっています。
(一番上のレンガ表面は透明プラフィルムを敷いて乾燥しやすいようにしました)



上の画像は少し汚れてますが(汗)セイブニシキガメの水槽。(120センチ規格)

やはり器具類を設置する場合は水槽の方が良いのかな。

なんだか色々と手違いはありましたが、とりあえず引越しは完了です。



スペース的に我が家の場合、これ以上の飼育容器は用意できません。

クサガメが、あまり大きくなるようなら再度、角型タライ(120センチ水槽よりも、こちらの方が低面積は大きい)に引っ越してもらうかな・・

元気に育ってくれたまえ。。
| ガンダム爺 | 器具・エサ・飼育環境 | 12:19 | - | - | -