クサガメを飼う(買う)にあたり・・・命は大切にネ。
JUGEMテーマ:水ガメ

さて、この時期だからこそ少し書きたいことがあります。

クサガメの小亀がゼニガメと言われ市場に流通するのが春。

ホームセンターなどでも多くの小亀が売られていますね。

小亀は可愛い。

我が家のクサガメ「よんよん」も半年前に小亀として私の元に来ました。



今日、日用品を買いにホームセンターへ行きましたが、いましたよ、ゼニガメが^^

あまり大きい水槽じゃないけどライト(紫外線ライト)も濾過器も設置してありました。
数は・・苦笑
飼育密度が高いな〜・・・と。

私は自分のホームページの1コンテンツとしてカメのページを置いています。

その中に新しく来たクサガメ、このブログの主役である「よんよん」のページも置きました。 

私自身のカメに対する知識や経験などは大したモノじゃないと思います。
飼育歴は長いほうかもしれませんが・・・

ゼニガメ・・・800円か・・・

安いですよね?

だから簡単に買える。

でも、飼うのは簡単じゃ無いですよ。

生き物を飼うのにあたり、カメならこれくらいの予算は用意して欲しいという想いも兼ねてコチラのページも置いてみました。

800円のカメに1万円以上の設備が必要になるんです。
もちろん、水を毎日換えて日光浴も頻繁にさせることが出来るならタライに水を入れ石を置くだけでも十分に飼育できます。

それだけの世話・手間をかけられる方なら、読み飛ばしてください^^;

とりあえず、買うか・・と、考えてみえる方や衝動的に買った方。

この記事が目にとまると良いナ^^;

多くのゼニガメが売られ、そして無知な購入者のために死なねばならないカメ。
売る方にも問題が多くありますが、買う方も簡単に考えてはダメですよ。
カメって普通に飼えば犬より長生きです。

可愛い小亀も大きくなるんです。



大きくなれば狭い場所じゃ暮らせない。



それなりのスペースは与えてあげて欲しい。

生き物だからエサも与えてください、出来ればカメ用のエサを・・

カメを買う時の注意事項は知ってみえますか?
元気なカメを買って元気に育てて欲しい。

まだまだ春先は朝晩の冷え込みもあります。
カメがエサを食べることが出来るように適切な温度で飼ってください。

そのために出来ることを準備して欲しい。
インターネットは便利だけど調べる前に知っておいて欲しい、カメのことを。
器具、エサ(栄養)、温度、紫外線等。
出来れば飼育本の1冊くらいは読んで理解して欲しい。

爬虫類って?
カメって?

ね?

カメが弱り慌てて聞くんじゃ遅いことが多いから。



カメは文句を言わないからこそ、出来る限りの世話はしてあげたい。


では。。
| ガンダム爺 | クサガメ | 17:15 | - | - | -